2012年10月27日

◎第742回[天空橋から平和島]

10月27日(土)午前10時=約9㌔=
天空橋駅集合→羽田の大鳥居→五十間鼻→水神社→玉川弁財天→羽田の渡し→羽田神社→萩中公園→南前堀緑地→北前堀緑地→旧呑川緑地→大森ふるさとの浜辺公園→大森海苔のふるさと館(休憩)→平和の森公園→平和島駅解散
742回天空橋.jpg

DSC00635.jpg
天空橋駅に集合したのは49人。12月8日の例会は、9日(日)健康センター主催の『みんなでウォーク』に参加するなどの打合せの後、スタート。
A2出口から地上に出て右へ進むと、前方に神社もないのに羽田の大鳥居=写真=が見え、見学する。もともと空港のある場所に穴守稲荷神社の大鳥居としてあったもの。ここは、鈴木新田。穴守、鈴木、江戸見町という3町があったが、戦後の連合国軍総司令部(GHQ)の接収で住民が退去。神社は取り壊されたが、大鳥居だけ残っていたとのこと。これを羽田の歴史の生き証人として現在の場所に移築されたので、神社はない。
弁天橋を渡り左折、海老取川岸壁沿いの遊歩道を進み、五十間鼻の石積を眺め、水神社を見下ろし、多摩川の土手を進む。水門、船溜り、赤レンガの堤防、羽田の渡しの説明板など見ながら、高速道路、大師橋をくぐる。多摩川河口の干潟で親子が何か捕っていた。
産業道路を北上すると、正蔵院、自性院などの大きなお寺が並んでいた。大鳥居交差点を渡りレンガ敷の細道を通って南前堀緑地へ入る。「南前堀排水場跡」は遊具が置かれ、樹木が連なり、爽やかな憩いの場となっている。
首都高手前を左に入り、広い東糀谷防災公園で休憩。芝生広場に災害・震災用仮設トイレシステム、井戸のポンプ、農園のいも畑などが設置されていた。ふと見ると、若い十月桜に花が咲いていた。いつ見てもはかなげで主張しないが、うすいピンク色が控えめでいとおしい。
今度は北前橋から北前堀緑地へ入る。大木のざくろに真っ赤な実が生っていた。まだ破裂していない実だけど。「食べたらおいしいよ。」と誰かのことば。
東橋で呑川を渡り、前の浦商店街を過ぎ、細い路地から旧呑川緑地をたどる。呑川の名前の起こりは、大雨のたびに氾濫し流域の田畑を呑みこんでしまったからとも、貴重な飲み水であったからともいわれているが、定かではない。
呑川水門から土手に上り、貴船水門を見ながらぐるりと水辺を周り、大森ふるさとの浜辺公園に入る。静かな秋の砂浜を涼風を受けながら気分良く進み、浜辺橋を渡るとコスモスが咲き乱れていた。長い滑り台を見ながら大森海苔のふるさと館に到着、休憩。平和の森公園を抜け、環七通りから細い路地を通って、第一京浜の横断歩道で解散する。
平和島駅--(京浜バス)--大森駅--(東急バス)--馬込駅--(都営浅草線)--新橋--(都バス)--枝川2丁目と、シルバーパスだけで帰宅でき、疲れがいっぺんにふっとんだような気になった。 [KM記]

Posted by taichiro at 18:48

2012年10月20日

市川緑道のかまきり

DSC00607.jpg
谷保天満宮を過ぎて市川緑道に入ると、かまきりが植込みにいた。一寸摘み上げると、カァーッとカマを振り上げて威嚇した。やる気まんまんの緑色の若者だった。

Posted by taichiro at 19:55

◎第741回[国立から分倍河原]

10月20日(土)午前10時=約10㌔=
国立駅集合→郵政大学→矢川駅→くにたち郷土文花館→古民家→城山公園→谷保天満宮(休憩)→立川崖線樹木林→谷保東方遺跡→上板橋→市川緑道→分倍河原駅前解散
741回国立.jpg

DSC00588.jpg
昨日とは打って変わって、今朝は真っ青な空が拡がり、秋らしい気候になった。国立駅南口を出ると黄色い旗が見え、下見をした仲間が誘導してくれる。有名な国立の桜並木が始まる目の前の歩道に珍しく少ない35人が集合。早速西商店街を歩き始める。一直線に進み郵政大学を左に曲る。今度は真っ直ぐ南下、これまた桜並木だ。南武線矢川駅を右に見てまだ真っ直ぐ。
 くにたち郷土文化館バス停を過ぎ左折。見覚えがある文化会館建物を過ぎ、細い道をくねくねと進み細い流れを渡り左折、泥の細道を下る。細い流れに沿って木道も架かり、一列に並んで歩く。城山公園入口から旧柳澤家住宅に入り縁側に座ってちょっと休憩、蒔の燃える匂いを懐かしむ。
 コース予定の城山公園が工事中で通り抜けられないとのことで、急遽、甲州街道へ抜けて谷保天満宮へ辿り着く。厳島神社から谷保天満宮に入ると、七五三のお参りらしい人達を、お牛様が優しい目で見ていた。色鮮やかなチャボの雄鶏たちが自由に境内を走り回っていた。
 滑りそうな山道を下り流れを辿る。左は立川崖線樹木林の鬱蒼とした緑、右は耕されたばかりの畑。その先は住宅が並ぶ。流れにはザリガニやメダカが住んでいた。刈り取られた稲にビニールが括り付けてあった=写真=。昨日の雨を耐えたのかな・・・。
 きれいに整備された自然と文化の散策路を進むと市川緑道へ続く。NEC前の谷保日進1丁目東を左折、本宿町1丁目で18号線を渡る。本宿トンネルの上にマンションが建っていて驚く。第2都市遊歩道に子供の群像があった。植込みで久しぶりにカマキリに会った。
 分梅駐在所から光明院に沿って進み、京王線をくぐると分倍河原駅前、歩道橋の上からA班が手を上げて迎えてくれて、エレベーター前で解散する。そのまま京王線、都営新宿線で帰宅。  [KM記]

Posted by taichiro at 19:23

2012年10月16日

かぼちゃのおばけ

DSC00548.jpg
江東区木場のイトーヨーカドーの花壇にて。

Posted by taichiro at 18:37

2012年10月13日

◎第740回[飯田橋・四ツ谷・赤坂回遊]

10月13日(土)午前10時=約8㌔=
飯田橋駅東口・セントラルプラザ前集合→牛込橋→市ヶ谷駅→四ツ谷駅→紀尾井坂→清水谷公園(休憩)→弁慶橋→赤坂見附→三宅坂→千鳥ヶ淵公園→国立近代美術工芸館→北の丸公園→田安門→九段下解散
740回飯田橋.jpg

大江戸線で飯田橋に着いて長い地下道から地面に出たが、JR東口のセントラルプラザ前がどの方角かわからず、四角の歩道橋に上がる。飯田橋は外堀通り、目白通り、早稲田通りが交差していてややこしいが、JR線が見つかってやっと解った。
セントラルプラザ前に辿り着くと、既に大勢が集まっていた。50人が集合、次回国立は南口の歩道に集合、と伝達し、外堀通りに沿って歩き始める。
牛込橋を渡り、外濠公園に入る。以前の飯田橋会館、前田建設の場所が再開発工事中。外濠を見下ろしながら、まだ緑の桜並木を、爽やかな秋風の中気分良く進む。新見附、市ヶ谷駅を過ぎて、コノテガシワのトゲトゲの実=写真=を見つけた。モンスターのようで実に面白い。
四ツ谷駅で新宿通りを越え、紀尾井坂を下って清水谷公園で休憩する。真っ青な空、そそり立つビル群、その中に、真っ赤なサルビア、少し紅葉したハナミズキが、緑に映えて初秋の都会の景色だ。
弁慶橋を渡り青山通りを登り、先日見学した最高裁判所の巨大さを再確認して三宅坂を左折。国立劇場を過ぎ、半蔵門で千鳥ヶ淵公園に入る。
千鳥ヶ淵を右折、代官町通りを進み、国立近代美術工芸館から北の丸公園へ入る。久しぶりに千鳥ヶ淵を見下ろし、深山幽谷を堪能して田安門で解散した。牛ヶ淵の蓮が半減し、緑色の水面が広がっていた。九段下から帰宅。
DSC00440.jpg

Posted by taichiro at 14:34

2012年10月06日

◎第739回[恵比寿・六本木街歩き]

10月6日(土)午前10時=約8㌔=
恵比寿駅東口→アトレ恵比寿3階インフォメーション(受付)→恵比寿東公園集合→山種美術館→國學院大學(伝統文化リサーチセンター資料館)→青山霊園→檜町公園→東京ミッドタウン→フジフイルムスクエア(休憩・チェックポイント)→有栖川宮記念公園→恵比寿ガーデンプレイス→恵比寿ビール記念館→東京都写真美術館→恵比寿三越1階インフォメーション(ゴール)→恵比寿駅解散

DSC00362.jpg
 9時半、恵比寿駅に着くと、JR期間設定コースの受付「アトレ恵比寿3階インフォメーション」は10時開店とのこと。次第にウォーカーが集まり始め、通路が人でいっぱいになり、10時少し前から、コースマップの配布が始まり、早速受取って長い列に辟易してチェックをせずに集合場所の恵比寿東公園へ向かう。
 コース通りに、西口の長いエスカレーターを下りて右へに進む。STさんが目指す公園の方角から出てきて教えてくれる。エスカレーター下、公園への角に二人立ってもらった。
 蛸の滑り台と砂場がある渋谷川沿いの公園は静か。数組の親子連れが遊んでいた。雑踏からさほど離れてないのに別世界の感がする。駅からハイキングのチェックを済ませた会員は、三々五々集まってきた。
 10分過ぎ、大部分が集合したので、会長が集合をかける。本日は健康センターへ二人がウォーキング12週間の協力に行っていること、第3四半期12回の皆勤者11人に皆勤賞のミニ賞状を贈呈、コースのチェックポイントをするフジフイルムスクエアで、会長の友人の写真が展示されていることなどを伝達し、10時半渋谷川に架かる人道橋を渡って歩き始める。
 渋谷橋交差点の四角い歩道橋を渡り、プライムスクエアを見上げ、山種美術館手前で巨大なダビテ像=写真=にびっくり、広尾3を左折して道路を横切る國學院大學のガラス張りの通路を見上げる。氷川神社の門を見て、大學の周囲をぐるりと回る。常陸宮邸を過ぎ左折、六本木通りを越えると間もなく見えてきたきれいな竹林は、根津美術館の塀だった。そのまま直進して青山陸橋を渡り青山霊園へ入る。
青山墓地中央の信号を右折、墓地下を左に進むと六本木ヒルズの森タワーが見えてきた。六本木トンネルをくぐり、カーブした坂を上がる。と、国立新美術館のガラスの建物が見えて来た。ミッドタウンへ向かう歩道は工事中で、下の段の道を行くと、巨大な接木細工のような東京ミッドタウンが現れた。フジフイルムスクエア前で数人が休憩中。中に入ると殆どがうちの連中で溢れ、強烈な色彩の世界各地の写真に見入っていた。見学モードになってしまい、歩く気力が失せて、六本木から帰路につく。 [KM記]
コースはそのあと、有栖川宮記念公園、恵比寿ガーデンプレイスと続き、恵比寿三越1階インフォメーションでゴール。

Posted by taichiro at 15:31