2009年10月31日

◎第592回[自然と歴史を訪ねて歩こう]

10月31日(土)午前10時=約13㌔=
京王相模原線京王よみうりランド駅集合→多摩川→二ヶ領用水→東生田緑地→東高根森林公園(休憩)→電車とバスの博物館→→東急田園都市線宮崎台駅解散
DSC07308.jpg
東生田緑地への144段の階段を上る。

◎第592回[自然と歴史を訪ねて歩こう] =約13㌔=
10月31日(土)午前10時、京王よみうりランド駅に到着、南口の受付でカードを出して地図をもらう。コースどおり線路に沿って西へ行った所で皆を待つ。会長から電話があり、乗り越したので遅れるとのこと。とりあえず会報を配りながら待つ。
5分ほど遅れて45人が集合。12月5日のJR申し込みが30日開始なので忘れないで申し込むように伝え、体操は省略し、東高根森林公園を休憩場所として、それぞれ出発する。私は遅れてくる仲間を待って出発。京王のガードをくぐって右折、多摩川に向かって歩く。矢野口橋を渡り榎戸交差点を右折、川崎街道を過ぎて南武線をくぐり、多摩川に出ると、6連の白くて長い多摩川原水道橋が伸びていた。アカシア通を渡り土手へ下りて水道橋の下をくぐり、多摩川の稲田堤を下流へ向かう。
来るとき、京王相模原線からウォーカー達が見えたが、その鉄橋の下をくぐり、矢野口排水樋管の出口、対岸へ続く黄色の桁、野球少年たち、白鷺たち、一人でいくつもの釣竿を立てている人などを見ながら、土手いっぱいに大勢のウォーカーが延々と連なる。4つの塔が繋がった堰が二ヶ領用水の出口で、布田橋をくぐって多摩川を離れる。
400年前に小泉次大夫が作ったという二ヶ領用水の護岸は親水緑道が続き、南武線踏切を越え、中野島橋を過ぎて右折、土渕から川崎街道へ出る。枡形1丁目を右折、くにゃっと階段と坂を登る。リレーウォークの赤矢印に導かれて、東生田緑地への144段の階段を上る。日向山の森は程よく手入れされ、柔らかな光に包まれた広場は心地よいが、息が切れてものも言えない。
やっとこさ、呼吸が落ち着いてきたので、再出発、坂を下る。根岸稲荷神社の赤い幟が並び左を登ると神社の社があったが省略。陸橋を渡り、降りて小田急線沿いを左に進む。猛烈に疲れが来たので、松本橋からコースをはずれ、向ヶ丘遊園から帰路に着くことにした。[KM記]
実際のコースは、樹齢150年といわれる東高根のシラカシ林、弥生時代の集落跡といわれる東高根遺跡、それに湿生植物園もある東高根森林公園で休憩した。その後、本日に限り無料となっている電車とバスの博物館で楽しみ、東急田園都市線宮崎台駅で解散した。

Posted by taichiro at 20:22

2009年10月24日

◎第591回[赤羽八幡から浮間公園散策]

10月24日(土)午前10時=約8㌔=
東北本線赤羽駅北改札口受付→駐輪場前歩道集合→赤羽八幡神社→赤羽台公園→諏訪神社前→浮間橋→荒川土手→浮間公園(休憩)→舟渡→志村橋→板橋区洋弓場→志村坂下→志村3丁目→薬師の泉解散(都営三田線志村坂上駅徒歩2分)
DSC07250.jpg
浮間公園のオランダ風の風車

◎第591回[赤羽八幡から浮間公園散策]
10月24日(土)午前10時、東北本線赤羽駅北改札口で受付を済ませたのは、45人。当初、駐輪場前歩道に集合としていたが、少々分かりにくい場所だったので、そのまま受付前に集合した。赤羽駅の変貌は素晴らしく、かつての素朴さは影を潜め、明るくなっている。打合せを簡単に済ませ、体操は省略し、JRコースをそのまま歩く3人を除いて独自のコースをたどることにする。
東口側からスタート。JRの高架下にしたがって宝幢院前で左折。ガードをくぐって右折、赤羽八幡神社に向かう坂道は省略して左折、赤羽台公園に入る。ここまでは順調だったが、右折して赤羽桜並木通が見つからず、いつの間にか赤羽緑道公園を辿っていた。なかなか素晴らしい公園で気持よく歩いていたが、どうも南下している感じ。とにかく西に向かうべきだということで、右折したが、とうとう到着したのは体育館通。何が何だか分からなくなり、歩行者に諏訪神社の場所を聞くと、右に曲がって左に下りて右に行くと……、との説明。とにかく小豆沢公園前で右折、正面に東京メガシティーが現れ、地図上の拠点が見つかる。
ここから新河岸川沿道に出て北上、浮間橋を渡り、やっと本来のコースに戻る。ここから先の荒川土手は省略し、「人と緑と太陽の道」という格好いい名称の道を歩き、浮間公園に到着。すでに休憩していた面々と合流、オランダ風の風車を眺めながらやっと落ち着く。水辺に狂い咲きしたアヤメに驚く。
帰り道でもコースを間違え、一本手前で左折、志村橋を渡る予定が、平成橋を渡り、17号線手前の細い並木道を辿り、志村坂下、志村3丁目を通り、薬師の泉庭園に到着した。
ここは、志村三泉(薬師、見次、出井)の一つといわれ、徳川吉宗が「清水薬師」と名付けたところからという。今でも清泉が湧き出ており、こじんまりした庭園だが、癒される思い。紫式部やホトトギスなどの可憐な花が印象に残った。8キロの予定だったが約12キロ歩いた。ここで解散し、志村坂上駅にそれぞれ向かった。

Posted by taichiro at 23:48

浮間1丁目緑地の妖精?

北区の浮間銀座を過ぎた浮間1丁目緑地を歩いていたら誰かが見ているような感 じ。と、目の前に、手を前に合わせ大きな目で小首を傾げた樹の妖精が、こちら を見ていた。思わず「こんにちは」と言った。KM
Posted by mobile at 20:49 | Comments (6902) | TrackBack

2009年10月18日

物静かな十月桜

三鷹通りを南下、諏訪神社を過ぎて深大寺、総合体育館方面へ右折すると「遊び と花木の広場」がある。秋色に染まり始めた広葉樹に混じって、白い花が咲いて いた。よく見ると桜の花。春とは違い、冬に咲く十月桜は控えめで、物静かだ。 KM
Posted by mobile at 01:07

2009年10月17日

◎第590回[玉川上水緑道と武蔵野に秋を探しに]

10月17日(土)午前10時=約10㌔=
久我山駅(久我山中央緑地)集合→兵庫橋公園→玉川上水→禅林寺(森鴎外・太宰治の墓)→諏訪神社→深大寺(休憩)→武蔵野の路→調布駅解散
DSC07182.jpg
深大寺に到着。釈迦堂、池の鴨や鯉を眺めた。

◎第590回[玉川上水緑道と武蔵野に秋を探しに]
10月17日(土)大勢のウォーカーに混じって久我山の駅を出て、神田川沿いに久我山中央緑地へ到着。もう暑くはなく、さわやかな風が吹き、広葉樹が色付き始め、すっかり秋になった。京王の受付で地図をもらって仲間を探す。もう3人も来ていた。ベンチの一角で店開きし、目印の旗持ち、会報配り、名簿記入、土休券配布と、手分けしてやってもらう。
明日の下見を数人にお願いし、10月31日の土休券を販売し、47人、体操をしてグループごとに出発する。神田川から宮下橋公園に入り、人見街道を越えて玉川上水沿いを歩く。兵庫橋、牟礼橋、宮下橋、井の頭橋と進み、鯉がうようよ泳ぐ新橋を渡って上水を離れ、明星通りを進む。ウォーカーの流れに乗って大通りを左折、狐久保を右折、追い越し禁止状態で細い歩道を行く。禅林寺を過ぎ八幡大神社を左折、連雀中央公園を回って、三鷹通りを南下する。
人見街道、東八道路を越え、諏訪神社を過ぎると金網の中に芝生の公園があり、若い木もあって、ピンクの桜の花が咲いていた。今秋初めての十月桜だ。
小高い芝生の丘があったが、それは調布市総合体育館だそうだ。地下にあるのかな。お椀状なのかな。
「右、神代植物園正門」の石標があり、塀沿いに石畳の歩道が続き、橋をくぐると、間もなく深大寺に到着。釈迦堂、池の鴨や鯉を眺め、門を出る。鬼太郎茶屋がすっきりきれいになっていた。深大寺信号を渡り、坂を上り下る。橋場橋手前を右折し、野川に沿って御塔坂橋を左折、広く美しくなった武蔵境通を南下し、広大な電気通信大学を見ながら下石原交番を左折、甲州街道を進む。調布駅入口信号を右折、ゴールの駅階段を1列に並んで進み、スタンプとマグネットクリップを頂き、解散した。
帰りの電車で、席を譲られてびっくり。そんなに憔悴していたのかな。名実ともに間違いなく老人になっちゃったのだな。 [KM記]

Posted by taichiro at 11:28

2009年10月10日

◎第589回[江田~たまプラーザ やさしい緑の薫る街を巡る]

10月10日(土)午前10時=約12㌔=
田園都市線江田駅コンコース受付・集合→鴨池公園→ささぶねのみち→都筑中央公園→横浜市歴史博物館→大塚・歳勝土遺跡公園→都筑民家園(休憩)→大善寺→徳生公園→くさぶえのみち→驚神社→西勝寺→たまプラーザ テラス サウスプラザ・ゴール・解散
DSC06991.jpg
都筑中央公園では市民マラソンが実施され、仮装ランナーとも出会った。

◎第589回[江田~たまプラーザ やさしい緑の薫る街を巡る]
10月10日(土)午前10時、田園都市線江田駅コンコースで受付を済ませ集合したのは47人。台風一過、秋晴れを期待したのだが、実際には雨模様。雨具を持たず戦々恐々の中で、打合せを済ませ、体操は鴨池公園で行うことにして、早速スタート。
鴨池公園の鴨池は濁っていて鴨も泳ぎにくそうだった。ささぶねのみちは都築中央公園と結ぶ道。道沿いにせせらぎが流れ、かつて丘に挟まれた谷すじだったようだ。都筑中央公園は広大で起伏に飛んでいる。ちょうどここで市民マラソンが実施され、仮装ランナーとも出会った。
ここから横浜市歴史博物館に向かうコースだ。北に向かいコースを省略して牛久保西公園に直接向かった怠け者もいた。大半は横浜歴史博物館、大塚・歳勝土遺跡公園、都筑民家園、大善寺、徳生公園、くさぶえのみちとコースどおりに歩いた。
かつては雑木林のしがない丘陵地帯で狸や猪のすみかであったが、今では瀟洒な住宅地域で、ビルの下には小奇麗な店舗が立ち並んでいる。横浜市営地下鉄ブルーラインが通り、交通も至便な地域になっている。
驚神社、西勝寺と続くが、ここからたまプラーザ テラス・サウスプラザまでの坂道がきつい。やっとの思いでゴールにたどり着き、「300cc入るふたつき携帯コップ」を景品にいただき解散した。
起伏の激しいコースだったが、途中の公園はバラエティーに富み、施設や遺跡も十分に整備され、もう一度歩きたいと思える素晴らしいウォーキングコースだった。

Posted by taichiro at 17:19

2009年10月03日

◎第588回[尾張・紀伊徳川家と四ツ谷駅周辺の歴史散策]

10月3日(土)午前10時=約9㌔=
四ッ谷駅受付・集合→聖イグナチオ教会→尾張徳川家中屋敷跡→清水谷公園→紀州徳川家上屋敷跡(グランドプリンスホテル赤坂)→市谷亀岡八幡宮→お札と切手の博物館(休憩)→自證院→消防博物館→須賀神社→西念寺→新宿歴史博物館→四ッ谷駅・解散
DSC05040.jpg
写真は皇居桜田濠の中で作業を実施している珍しい風景。

◎第588回[尾張・紀伊徳川家と四ツ谷駅周辺の歴史散策]
10月3日(土)午前10時、四ッ谷駅で受付を済ませ、駅前に集合したのは、48人。雨が降り始め、急遽、店前の庇に避難しながら打合せ。
コースは、聖イグナチオ教会、尾張徳川家中屋敷跡、清水谷公園、紀州徳川家上屋敷跡(グランドプリンスホテル赤坂)、市谷亀岡八幡宮、お札と切手の博物館、自證院、消防博物館、須賀神社、西念寺、新宿歴史博物館、四ッ谷駅解散となっているが、傘を差して、大勢で歩くのに、嫌気が出てコースを変更、新宿通を皇居に向かうことにした。およそ20人がついてくる。
道が広く、歩道もしっかりしている新宿通は歩き易く、あっという間に半蔵門に着く。半蔵門からは左回りでお濠巡り。まず、桜田濠! 半蔵門から桜田門まで一番皇居周りでは長いお濠だ。そのお濠の中に珍しく人がいる。作業船が出て、土嚢が積み上げられている。どうも石垣の修繕らしい。よく見ると確認できるだけで3ヶ所、作業をしている。
お濠の水は相変わらず、ドロンとしていて今にも悪臭がにおって来そうだ。日本の中心地! この水を呑めるぐらい美しくする技術を発揮してほしいものだ。
日比谷で地下道に入る。東京駅周りの地下道は発展している。日比谷駅、二重橋駅、大手町駅と地下鉄に乗らなくとも地下道を歩いて通れる。その大手町で解散。
一方、コースにしたがって歩いた方たちは、まず聖イグナチオ教会に入り、天井の模様に驚いたようだ。「聖イグナチオ」と聞くと古い時代の方かと思っていたが、15世紀の人。スペイン生れで、日本でも有名なフランシスコ・ザビエルと大学時代の同窓生とのこと。
急に身近な感じがするが、それでも600年近く離れている。
雨の中のウォーク、黙々とコースを歩き、無事終了した。

Posted by taichiro at 20:03