2008年06月28日

◎第525回 [喜多見駅から田園調布駅まで]

 6月28日(土)午前10時=約14㌔=
 小田急喜多見駅集合→次大夫堀公園→砧公園→馬事公苑→駒沢オリンピック公園→呑川緑道→田園調布駅解散

◎第525回「喜多見駅から田園調布駅まで」=約14 km =
 6月28日(土)午前10時、小田急線喜多見駅に集合したのは45人。広い駅前広場の一角で、連絡事項等打合せを済ませ、Nさんのリードで体操をしてカラダをほぐし出発する。
 スタート後、まもなく野川に突き当たり、川沿いに歩く。一旦世田谷通りに出て、雁追橋で野川を渡り、川沿いに歩いて次太夫堀公園に到着。次太夫堀は江戸時代の初期に代官・小泉次太夫の指揮のもとで15年の歳月を要して作られた農業用水路で、多摩川で取水して世田谷区、大田区の全長23 kmを流れ、六郷用水と呼ばれていた。現在はすぐ側の野川からポンプでくみ上げ、この公園内600mを流れる水路を作り小川、水田への水の補給等昔を再現させている。公園内には数件の古民家も移築され、一般に開放されていた。民家園を出て、多摩堤通り下のパズルトンネルに潜り、左折する。トンネル内の壁には卵から鳥が生まれてくるパズルのパネルが貼り付けられて、通る人の目を奪っていた。
 途中で世田谷通りに入り、きつい勾配の上り坂道が続く。仙川を横切り、東宝撮影所のある「東宝前」バス停、日大商学部前を通り、大蔵団地前で右折する。大蔵運動公園の中を抜け、砧公園に入る。  
 入口から見ると両側から樹木が迫り、緑のトンネルがずっと先まで続いて見える。樹木のトンネルの中は爽やかな涼しい風が通り、ホッと一息をつく。うっそうとした樹木のトンネルを抜けると急に明るくなり、両側に広い芝生が広がる。広大な芝生の中に家族連れ・2人連れがポツンポツン見える。休日ともなれば大勢の人が集まるのだろうが、それでも十分な広さがあると思う。この公園は元、ゴルフ場で、芝生・樹木・小川とすばらしい形で残されている。小川の吊り橋を渡り、世田谷美術館の脇を抜けて、やっと砧公園を出る。
 公園沿いに歩き、世田谷通りを横切り、馬事公苑の裏門側に着く。垣根沿いにぐるり半周し、表門より入る。公苑内は広く、いくつもの馬場があり、ちょうど競技大会を開催している馬場があった。スタンドの周囲の観覧席には200~300もの人が見物していた。今日参加のウォーカーも、弁当を広げ見物していた。カッコイイお姉さんの馬術競技姿を見つけたので、心の中で失礼しますとつぶやきながら1枚パチリとさせて頂く。余りノンビリもしてもおられないので、馬事公苑を後にして、次の目的地に向かう。
 馬事公苑を出て、しばらく公苑の垣根沿いに歩く。陸上自衛隊駐屯地前を通り、大山通りに当たり、信号を左折する。歩いていると歩道の傍らに、桜新町駅におりる階段の出入り口が誘うように大きな口を開けていた。この道路の地下を、東急田園都市線が走っている。(ここまで8kmも歩いてきたのだ。) 
 新町一丁目信号で玉川通りに当たり、駒澤大学前を通って駒沢オリンピック公園に入る。ここは昭和39年の東京オリンピック時の第2会場でバレーボール、サッカー、レスリング等々が行われ、日本選手が活躍した場所だ。(東洋の魔女達の活躍が特に記憶に残る。) 
 公園を出て直ぐに呑川駒沢支流緑道の入口に到る。川は暗渠化され、緑濃い並木道が続く。やがて呑川本流緑道に突き当たり、右折する。宮前小学校で緑道を離れ、住宅街の中を進む。ケニア大使館の前を通り、目黒通りを横断し、住宅街を抜け、繁華街に入ったと思ったら、そこは自由が丘だった。九品仏川緑道を通り、東急大井町線の踏切を渡る。
 最終ゴールの田園調布駅に向かってひたすら歩く。環八通りを横切り、大きな樹木の道路を進んで行く。お屋敷と呼べそうな閑静な住宅街を抜けると田園調布の駅前だった。ゴールでスタンプを押して貰い、帰宅する。

Posted by taichiro at 22:56

2008年06月21日

◎第524回 [高円寺と善福寺川に夏の訪れを探しに]

 6月21日(土)午前10時=約12㌔=
 京王笹塚駅集合→玉川上水緑道→文殊院→東運寺(釜寺)→妙法寺→桃園川緑道→高円寺→善福寺川緑道→西永福駅解散

◎第524回 [高円寺と善福寺川に夏の訪れを探しに]=約12㌔=
 6月21日(土)午前10時、京王線笹塚駅に集合したのは50人。近くの広場で打ち合わせ。会長より長男の通夜、告別式に大勢の参列を賜ったお礼、会社の引き継ぎの件、孫の件等で暫くの間多忙になり、会員には多少迷惑を掛けるかもしれないが、今まで通りGNPを続けていく気持を伝える。体操するには狭いので省略して班毎にスタート。
 すぐに玉川上水に当たり、上水沿いに進む。昨夜雨が降ったせいか深く切れ込んだ川底を水がゆったりと流れているのが見える。上水全体が土のままで昔の面影を失っていない。上水を見ながら歩いていくと、突如全体が暗渠状態となって、上面は公園広場になっている。10m幅位の公園広場が300m位続く。遊具、遊歩道、花壇、桜並木等住民の憩いの場所となっているようだ。
 環状七号線の下を通り、首都高新宿線の歩道橋を渡る。首都高を過ぎて住宅街の細い道を歩き文殊院につく。続いて住宅街の中の道を歩き神田川の一本橋に出る。神田川沿いを歩き、再び環七に当り、信号を横切って東雲寺(釜寺)に入る。この環七の交通信号が今日の最初の信号だった。一般道でありながら3km余りを信号機無しの道を歩いてきたことになる。妙なことに感心しながら釜寺を後にし、方南中央通り商店街を歩く。方南町信号で環七を渡り、住宅街の中を歩き善福寺川に出る。堀之内橋を渡り直進して妙法寺に到着。入口の両側に仁王様を配し、大変広い境内のお寺だ。ほっと一息をつきたくなるような静寂なたたずまい。お参りし、小休止する。
 妙法寺を出て再び環七を横切り、蚕糸の森に到着。緑の木の多い静かな公園だが既に休憩を取ったので、横切ってひたすら歩く。抜けると東高円寺駅前だった。青梅街道の信号を渡り、桃園川緑道に入る。緑道を高円寺方向に歩き、環七に突き当たったところで緑道から外れ、高円寺の門の前を通る。お寺の名前から地名・駅名が後から出来たということである。暫くして五日市街道に突き当たり桃園川緑道に戻る。緑道を300m程歩いて左折し、住宅街を歩く。幅3mもない車の通らない道路の真ん中に、何ヶ所か小さな滑り台が設置してある。道路が小さい子供達の遊び場所になっているようで、これも密集地域のアイディアなのかと感心した。
 【住宅街 道路の真ん中にある滑り台】
 青梅街道を横切り、梅里中央公園前を通って相生橋で善福寺川に突き当たる。善福寺川の歩道は広く、木々も多く、空気がとても爽やか、思い切り深呼吸をした。ジョギングコースにもなっているようで、時々ランナーとすれ違う。白山前橋で左折、緑の多い場所ともおさらばし、井の頭線・西永福駅を目指してひたすら歩く。ゴールしたときには汗びっしょりだった。
 スタンプを押して貰い、参加賞を頂き帰宅。梅雨時なのに傘の出番はなく、蒸し暑く曇天のままの1日だった(天気予報は、事前の大雨予報が直前には曇りと変わっていた)。

Posted by taichiro at 21:04

2008年06月14日

◎第523回[光が丘から白子川に沿って小泉牧場まで辿る]

 6月14日(土)午前10時
 光が丘けやき広場(大江戸線光ヶ丘駅A3出口徒歩7分)集合→土志田八幡宮→稲荷山憩いの森→清水山憩いの森(休憩)→もみじ山憩いの森→びくに公園→小泉牧場(見学)→中島公園解散→大泉学園駅

◎第523回[光が丘から白子川に沿って小泉牧場まで辿る]
 6月14日(土)午前10時、光が丘けや木広場に集合したのは47人。打合わせと体操の後、午前10時25分に出発。
 心地よい風の吹く光が丘公園内を抜け、土支田通を歩き土支田八幡宮へ、細い道を入り稲荷山憩いの森に入り休憩。
 もみじ山憩いの森を通り抜け、白子川沿いの道を歩く。大泉ICで目白通を渡る。びくに公園でかっこいいユニフォームを着た小学生の女の子のソフトボールを横目で眺め工事中の白子川沿いを歩く。工事中で架設の外山橋を渡り、白子川を離れ弁天池公園に寄らず(B2班は寄る)住宅街を歩き、東西橋を渡り正午に小泉牧場へ、A班、B1班一緒に到着。しばらくしてB2班の方も到着。      
 日差しが強くなり汗をかいた身体には特効薬のおいしいアイスクリームを頂きながら牧場主の有意義なお話を聞いて解散。夫々大泉学園駅に向かった。都営に乗る人は12時35分のバスに乗った。         [M.N.記]

Posted by taichiro at 21:09 | TrackBack

2008年06月07日

◎第522回 [小岩の水路を辿り菖蒲園と善養寺影向の松を愛でる]

6月7日(土)午前10時=約10㌔=
 小岩駅北口集合→なかよしこみち→上小岩親水緑道→江戸川堤防→小岩菖蒲園→善養寺→柴又街道→下小岩親水緑道→フラワーロード→かるがもひろば(小岩駅徒歩3分)解散
DSC01450.jpg
五分咲きの花菖蒲を愛でる小岩菖蒲園

◎第522回 [小岩の水路を辿り菖蒲園と善養寺影向の松を]
6月7日(土)午前10時、小岩駅北口に集合したのは56人。打合せと体操、それに少々出し遅れた日光土産を配り、スタート。
小岩駅前北口通と蔵前橋通を歩き、なかよしこみちに入る。かな書きの緑道では横道から可愛い女の子が飛び出してきそうな雰囲気だが、誰にも出会わず、上小岩親水緑道に入る。流れが速い割に水の濁りが気になるが、そこで泳ぐ鯉は丸々と太って大きい。終点では三段の滝になっていて水量も意外に多い。ここで小休止。快い風が汗ばんだ体に気持よく涼を楽しむ。
階段を上り江戸川堤防に出る。川原は野球場のメッカ。少年野球、青年野球、それに女子のソフトボールまで多彩な野球が展開され、堤防の斜面ではその模様をゆったり眺めている。川の流れにはボートやカヌーの練習風景が点在して正に初夏を謳歌している。
京成本線の手前で小岩菖蒲園に到着。ここで5分咲きの菖蒲を鑑賞。菖蒲の微妙な色合いが、鉄分の量や質によるもので、その作り方で、いろんな名前がつけられ、その変化を楽しんだ。
しばらく堤防を歩き、今度は善養寺に入る。この境内の半分ぐらい占めているような錯覚に陥る「影向の松」の枝の広がりは素晴らしい。たった一本の松が支柱100本余りで支えている広がりは十間四方に及ぶとあるから400㎡近くになり、樹齢600年といわれ、想像を絶する天然記念物と言える。
この後、柴又街道を少し通り、下小岩親水緑道に入り、続いてフラワーロードを歩く。この通り、歩道と車道の区切りに花壇を設置、地元の会社や団体、それに個人の人々に花壇の栽培や配置を工夫させ、コンクールを開いている。区長賞やその他の賞に輝く作品はさすがに美しく、配置も理に叶っている。
おかげで商店街にある店舗の印象は殆どないまま、ゴールのかるがもひろばに到着。体操をして解散し、駅前で三々五々お昼を食べて帰途に着いた。=約10㌔=

Posted by taichiro at 16:04