2003年07月26日

狛犬の代り兎の石像

◎第279回【スポーツ・アート・文京の町浦和散策】
 久しぶりにJR駅からハイキングに参加した7月26日(土)は朝から雨模様。完全武装して家を出発したが、集合場所の浦和駅に着いた頃、雨は完全に上がり、青空さえ見えた午前10時、集合したのは36人。浦和駅前で各自受付を済ませスタートした。

 京浜東北線のガードを通り抜け、静かな住宅地を通り、藤右衛門川通りに出た。多分昔は川が流れていたのだろう。緩やかなカーブを描いて駒場スタジアムまで街路樹が並び歩きやすい。
 駒場スタジアムの木陰で徳江さんの指揮で体操。ここは浦和レッズのホームスタジアム。すっかり整備されている。ここでアクエリアスの差し入れ。紙コップでのどを潤す。
 青少年宇宙科学館は玄関だけ見て通り越し、氷川神社を横目に眺めながら再び京浜東北線のガードをくぐる。うらわ美術館も建物だけ眺め、玉蔵院に入る予定だったが、通り抜けられないと思い込んでワシントンホテルの手前で右折。埼玉県庁の中を通る。
 県立文書館や埼玉弁護士会館など重厚で貫禄のある建物は見るだけでも不思議に豊かな気持になる。やがて別所沼公園。杉の木立が素晴らしい。そこここにキャンバスを広げ絵筆をふるっている人が多かったが、創作意欲に駆られる風景だ。
 ここでヤクルト400と定規のプレゼントを受ける。小休止した後、桜並木の続く花と緑の散歩道を歩き、調神社に入る。「調」と書いて「ツキ」と読むそうで、地元では「つきのみや」として親しまれ、月待信仰や「ツキ」に結びついているそうだ。道理で狛犬の代わりに兎の石像が置いてあった。
 ここから左折して小さな店の並ぶ路地を抜けるとそこがゴールの浦和駅。先着1000名までのプレゼント「淡麗グリーンラベル135ml缶」に全員有りつき無事解散した。=約9㌔=  

Posted by taichiro at 11:07 | Comments (0)

2003年07月19日

贅沢の極み煉瓦造り

◎第278回【夕涼み鉄道橋と日本橋銀座】=約8㌔
  ことし初めての夕涼みウォーク、雨が心配されたが、絶好の薄曇。7月19日(土)午後5時、秋葉原駅前電気街口右側広場に集合したのは、何と49人。

 人通りの多い駅前でも一際目立つ存在、簡単な打合せのあと、徳江さんの指揮で体操を始めると通行人が好奇の目で眺めていた。
 雑踏を極める電気街を右に左に身を交わしながら、昌平橋架道橋にかかるとうそのように人込みがなくなる。明治37年に築造された重厚な鉄道橋が今も現役で中央線を支えている。
交通博物館に飾られている弁慶号を外から眺め、神田駅の高架下に出る。ここも煉瓦造り、ほとんどが車庫として活用されているようだが、よく見ると贅沢の極みとも思えてくるから不思議だ。
 閑散さと混雑さが交互に訪れる駅前高架下に沿って歩き、江戸見附の石垣が残る常盤橋公園は青テント族が屯し、雰囲気がよくない。常盤橋、一石橋を渡り、今度は天下の日本橋を渡り、続いて江戸橋を渡る。つまり日本橋川をジグザグに通り抜けたことになるが、川が淀んでいるせいか、悪臭が気になる。
 坂本町公園を横目に眺めながら左に曲がり新大橋通りを渡り、桜川屋上庭園で休憩。敬老館や女性センターが入っているビルの屋上が庭園になっている。造築されて10年ぐらいになるだろうか。初めはちゃちなもので、こんな施設、趣味の問題だと軽蔑したものだが、今では緑も濃くなり落ち着いた雰囲気。都会の喧騒の中で一つの潤いのようなものになっている。
 廻船の守護神とされている鉄砲洲稲荷には人っ子一人いない静かな佇まい、ちょっとだけ手を合わせ、新大橋通りに出る予定が曲がり方を間違え、再び桜川屋上庭園の前に出てしまい、そのまま鍛冶橋通りに入って左折。通りを直進して彈正橋を渡り、様相を変え高層ビルが林立する鍛冶橋交差点を通り、JRの高架下を抜けると、そこはゴールの東京国際フォーラム。
 薄明かりが残る広場で整理体操をして解散した。

Posted by taichiro at 11:03

2003年07月12日

時空を越えて蓮開く

◎第277回A【さきたま緑道と古代蓮の里】
早朝には雨があり、少しは涼しいのかと期待した7月12日(土)午前6時47分、JR上野駅に集合したのは32人(うち2人は次の7:16乗車)、最前列に固まって乗車。行田駅からシャトルバスまたは市内循環バスに乗って古代蓮の里に到着。

 雨どころか燦燦と降り注ぐ陽に輝いて満開に咲いた蓮の花を見学した。約2000年の時空を種子として眠った挙句、花開いた古代蓮。その生命力の豊かさに粛然とさせられる。古代蓮会館に入場して研究員の講話を聞いた後、炎天下の中、雨傘を日傘に代えて農道と埼玉ふるさと歩道を歩く。途中「ころり地蔵」があり、まるでGNPの守り本尊のような気になり、手を合わす。さきたま古墳公園に到着。
 将軍山古墳に入り、中を見学。復元された当時の模様を見ると権力の大きさと生活の一部を垣間見ることができ、馬の存在が結構大きなウエイトを占めていたようだ。本館の展示品も見学した後、「さんぽ道」で昼食。680円の定食にしては、ボリュームのある中身に堪能。
 ここからバスで帰る一部の人を除いて再び歩く。浅間塚古墳の上に建立された小さな前玉神社、今にも崩れそうな周りを恐々通り、中の山古墳、奥の山古墳を巡り、さきたま緑道に出る。
 この緑道、いろいろな彫刻が数多く設置され、歩行者の目を楽しませてくれる。17号線の下が壁画のトンネルになっており、風が抜けて意外に涼しい。ここで小休止して水分補給と汗拭き。木陰が続くがところどころで切れる。切れた瞬間、陽にさらされ苦しくなる。ことに陸橋の上、たぶん気温は50度を超えていたような気がする。
 やっとの思いで、ゴールのJR北鴻巣駅に到着して解散した。=約10㌔

唐木恵子さん講演会
◎第277回B【唐木恵子さんの健康講演会】
 7月12日(土)午後1時30分から江東区健康センター4階研修室で健康講演会が開かれ、唐木恵子さんが「つれづれウォーキング日記」というタイトルで講話があった。この会にGNPメンバー7人が出席した。

Posted by taichiro at 11:29 | Comments (0)

2003年07月05日

ビッグママでランチ

◎第276回【半年記念ランチバイキング】
 (下見担当 岡田 長沢 小川 森田 早川)
7月5日(土)午前10時、旧安田庭園に集合したのは51人(バイキングだけの参加者を含む)、横網町公園のひまわり広場で記念撮影をした後、打合せと体操。北斎通りから大横川親水公園を歩き、菊花橋からはそのまま道路を南下した。新大橋通り、小名木川、清洲橋通りを横断。東京現代美術館から木場公園に入り、ここで小休止。

まもなくB班一行がわき目も振らず通り過ぎて行った。水遊びの子供たちで賑う木場親水公園を歩き、舟木橋を潜り抜け、B班と一緒にデイナイスホテル東京に到着。
すでに到着していたC班と合流して定刻11時半、ビッグママでランチバイキングに入った。会費1,000円としては豪勢な内容。健啖家揃いのGNPメンバー47人、十分に堪能して12時30分解散。こんなに早く終わってもいいの? というメンバーも居て、それぞれ腹ごなしに近所を歩き、喫茶店に入ったり、どうも帰宅はいつものとおりになった方も多いようである。=約6㌔=

Posted by taichiro at 23:20