2018年09月22日

◎第1033回[小さな美術館、博物館を訪ねて]

30年9月22日(土)午前10時 =約8㌔=
JR四ツ谷駅四ツ谷口 (受付10:00~)(集合)→帝国データバンク資料館→新宿区立新宿歴史博物館→消防博物館(休憩)→東京おもちゃ美術館→民音音楽博物館→聖徳記念絵画館→迎賓館赤坂離宮→弁慶濠→聖イグナチオ教会→四ツ谷駅(解散)
帝国データバンクIMG_8739.JPG

今回も雨降り。外濠公園の木々はツタの緑一色。四ツ谷駅四ツ谷口はウォーカーであふれる。受付は10時から始まり、地図を貰って通路に38人が集合。簡単な打ち合わせの後、傘を差して出発した。
コース通り、まず入口にネジネジの不思議なオブジェ=写真=が目立つ帝国データバンク資料館へ。「水の鼓動―絆Ⅱ」という作品で、ねじれ、うねり、跳ねる水の動きを表現してあるとか。一階玄関でパンフレットを頂き9階へ上がる。平常土日祝日は休館だが、学生さん達のJR駅ハイに協力して開館しているそうだ。
手形などの信用取引のリスクを避けるため、産業革命後のイギリスで、第三者機関が信用調査業を始め……。今の情報サービス業に至る資料や映像などが展示してあったが、頭に入ってこない。[KM記]
ホテルニューオオタニの裏側にある弁慶濠。牛若弁慶に関係あるかと思っていたが、江戸時代の棟梁、弁慶小左衛門が掘ったことにちなんだ名前だった。

Posted by taichiro at 2018年09月22日 13:38