2018年05月05日

◎新第17回[西新井大師から舎人公園]

30年5月5日(土)午前10時 =約7㌔=
東武伊勢崎線西新井駅*構内大師線改札前*(集合)→ギュラクシティ→井堀北公園→徳寿院→西新井大師(休憩)→高道東公園→諏訪木西公園→舎人公園・東エリア→舎人公園・西エリア(解散)→舎人公園駅  *集合場所変更*
西新井IMG_8312.JPG

西新井駅構内に37人が集合、会長の欠席反省話を聞く。会長はそのまま2,3人と大師線に乗車、西新井大師で御朱印を頂く。他の方は改札を出て、駅東口からキラキラ輝く太陽の下へと歩き始める。
東武線は地域を分断している感じで、線路を渡れる道が少ない。環七は高い歩道橋、その北は線路下をくぐるくねくねの細い地下道、その次が今日のコースの栗原立体交差で、かまぼこ兵舎のような入口の長い地下道を通り、線路の向こう側へ出た。その先の跨線歩道橋を渡ったグループも居たそう。
いろいろのコースで西新井大師に到着、芍薬の花、青空を泳ぐ鯉のぼり=写真=、睡蓮池など広い境内を散策。のんびり見学して、ここから帰宅した人もいた。 [K.M.記]

Posted by taichiro at 2018年05月05日 13:31